尻焼温泉 (群馬県 六合村)

画像
草津温泉の北東へ車で約30分に位置し、山間の谷間を走る川がそのまま温泉となっている。川底から沸く湯が尻を焼くほど熱かったのが名前の由来だ。その由来どおり、川底から湯が沸いており、川の中で、程よい湯加減の場所を探しながら、様々な湯を楽しめる。

お湯が沸いている以外は普通の川なのだから、もちろん混浴だ。下流の少し温めの広い場所では、子供が泳いだりして川遊びを楽しんでいる。程よい温度の場所では、老若男女、それぞれの温泉を満喫している。自然派には、こたえられない温泉だ。

川自体がが温泉になっているところは、他にもある。例えば、秋田の大湯温泉は、露天風呂と隣り合っており、川をせき止めてできた温泉で、尻焼温泉と比べると、露天風呂の延長線的な感じ強い。また、同じ秋田県の川原毛大湯滝の滝つぼでの湯は、川原毛地獄からの流れる熱いお湯が清流と混ざり合い、湯滝となって落ちてくるその豪快な眺めは、まさに圧巻である。そんな自然満載の温泉が大好きである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック