城崎温泉(兵庫県 豊岡市)

画像
城崎温泉の魅力は、温泉街を、ゆかた姿で下駄を履いて、手にはタオルをぶら下げ、カラコロと散策するというなんとも温泉情緒そのままの風情を醸し出しているところである。

外湯が「さとの湯」「一の湯」「鴻の湯」「御所の湯」「地蔵湯」「柳湯」「まんだら湯」の七つをめぐり歩くことができる。

一つ一つの外湯には、それぞれに趣があり、
駅舎温泉として日本最大の「さとの湯」は、リゾート施設並みに浴槽やサウナが整えられており、まずは、ここの足湯が城崎温泉の入り口とも言おうか!!写真が足湯だ。

「一の湯」は洞窟風呂が有名で、温泉医学のが天下一の湯と推奨したことから「一の湯」と名付けられたそうだ。

「柳湯」は、中国の西湖から移植した柳の木下から噴出したということで名付けられたそうだ。ジェット風呂が有名で、体の芯まであたたまり、子授安産の湯だ。

「地蔵湯」は、源泉から地蔵尊がでたことにより命名されたそうで、庭園に地蔵尊が祭られている。うたせ湯、ジェット風呂がある。

4つの外湯に続けざまに入浴し、もう体が茹で上がってしまった。残念ながら、「鴻の湯」、「御所の湯」「まんだら湯」はもうお手上げだ。・・・・・・次の機会の楽しみを残しつつ。

宿泊先は、外湯からは少し離れた「ホテル ブルーきのさき」であったが、外湯を楽しむためのブルーのホテル専用バスで送迎があり、それもまた一興であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 24時間風呂ジャノメをご存知で

    Excerpt: 24時間風呂ジャノメをご存知でしょうか?24時間風呂とは、24時間いつでも好きな時間に清潔なお風呂に入れることが大きな特徴となっています。電気ヒーターなどを用いた加熱部で24時間設定温度に保温。そして.. Weblog: 24時間風呂はジャノメがベスト racked: 2007-10-10 00:01